『漢楚稗史』は、BC206年~BC202年、中国大陸で起きた楚漢戦争にスポットを当てた同人アンソロジーです。

稗史 ... "小説家者流,蓋出於稗官。”(『漢書』藝文志第十)の一文から出た言葉。

昔、中国で稗官が民間から集めて記録した小説風の歴史書。また、正史に対して、民間の歴史書。転じて、作り物語。小説。 (デジタル大辞泉より引用)


執筆者様全員の楚漢に対する熱意を是非、一冊の本に纏めてみたいと思い、企画を立ち上げました。

楚漢時代でもなければ中国大陸でもない、平成の日本に生きる我々ですが、思い思いの楚漢戦争像をこのアンソロジーにぶつける気持ちで執筆します。

読んでくださる方々に楚漢の面白さが伝わるようなアンソロジーを作りたいと思っております。宜しくお願い致します。



  • タイトル : 漢楚稗史(かんそはいし)​
  • 内容 : 楚漢戦争にスポットを当てた全年齢向けアンソロジー。漫画・小説・イラストの作品集。
  • ​価格   : 1500円(通販価格1850円 送料込み)
  • 初回発行 : 2017年5月6日 COMITIA120 予定​
  • 通販   : boothにて通販開始 ※4/5までのご予約をして頂けると助かります。
  • 装丁   : A5 190ページ